撮影する時の「どうしよう」を解決できる優れもの

ハンドメイド作家さんにきっと「あるある」なお悩み

その1つは

作品を撮影するときの「背景」ではないでしょうか


ご自宅やアトリエが素敵ハウスな方なら良いのですが

いざ撮影!と思っても生活感を消すのが難しかったり

壁は普通の壁紙でいい感じに撮影が難しい


私もネットショップをやっている時に

本当に苦労しました


そんな時に大活躍してくれるのが

「撮影背景シート」

この画像の下地。

コンクリートのように見えるところが

実は撮影背景シートです

こんな風に広げて使用しています

11:グレーコンクリート調使用


撮影背景シートの一番いいところは

「なんせ軽い」


撮影ボード、なるものもあったりするのですが

「板」なのでちょっと重い

そして、使わない時の収納にちょっと困る


ハガキ2枚分ぐらい

しっかりとした厚手のマット紙に

かなり使える背景が2種類、表裏にプリントされています


使わない時にはくるくるっと丸めて

収納しておけるのでお部屋がすっきり

日の当たりはいい感じなんだけど

下地がちょっと、という場所にも

ささっとシートを広げてあげれば

あっという間に撮影ブースに早がわり

02:木目調使用

06:黒コンクリート調使用

被写体の下に敷いてもよし。

マスキングテープや養生テープを使って

壁に貼ればお洒落な壁紙のような使い方もできちゃいます

07:白コンクリート調使用


大きさは 87 x 57cm とかなり大きめなので

いろいろなものを配置して

お洒落なイメージショットも可能

発売以来、店頭、ONLINE STORE ともに

大好評をいただいていて

ほとんどのデザインが【入荷予約】となっております

その理由は使い勝手ももちろんですが

1枚 1500円(税込み1620円)というお求めやすいお値段

全部で7アイテム14柄をご用意しておりますので

ご希望の柄はどうぞお早目にKEEPしてくださいね!


なお、兵庫県宝塚市の

monoWrap-THE BASE- 店頭でも販売しています

実際の柄を見て見たいという方はお気軽にご来店ください

店頭お渡しでご予約も可能です

ご希望の方はオンラインストアはご利用せず

直接お問合せフォームよりご連絡くださいませ


オンラインストアへは

下の画像クリックでどうぞ

monoWrap

作品を商品に ハンドメイド作家向け パッケージ制作 ラッピング指導 &WEB活用個別ワーク実施